勝手にレースレポ

「モーターじゃ~まリスト」であるかんりにんの見た目で勝手にレース内容やサーキット状況をレポートしますが、普段はただの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あってはならないこと・・・だと思う

モータースポーツ好きの諸兄はもうご存知というかそろそろのそのショックから立ち直っていると思われますが・・・


アメリカンモータースポーツの最高峰インディカーレースの最終戦ラスベガスのレース中に起きた複合事故で「ダン・ウェルドン」選手が帰らぬ人となった。
10年ツインリンクもてぎ ダン・ウェルドン
(写真は2010年のインディジャパンでのダン・ウェルドン選手の走り)

ダン・ウェルドン選手はインディジャパンで当時のアンドレッティ・グリーン・レーシングから参戦し、ホンダエンジンのそして自身も初優勝を遂げて、その後トップチームのチップ・ガナッシに移籍後にシリーズチャンピオンとなり、正にインディカーレースにおいてホンダエンジンの活躍は彼を無くて語れない存在でした。
今季はスポット参戦ながら、自身2度目のインディ500の制覇を成し遂げ、来季はサムシュミットよりレギュラー参戦の予定と、我々ファンには彼の活躍を期待せずにはいられませんでした。

ワタシにとってラッキーだったのは、写真に上げた10年のインディジャパンで彼に会えたこと。
フレンドシップデーに、恒例のサイン会が始まる直前に、偶然我々の前を通ったダンに急いで声をかけて、プログラムにサインをしてもらえたんです。あの笑顔で立ち止まってくれて、早口の英語でワタシにはちょっとしか解らなかったんだけど「僕を応援してね!」的なことを云って足早に自分のサインブースに向って行ったんですよね・・・・今年のインディジャパンには彼は参戦していなかったので、あれが最後となってしまいました。

けど、タダでさえ雲の上の人みたいな存在のダンに一度でも会えた事はオレにとって本当にラッキーでした。

あのプログラムは本当に「宝物」になりました。

DW12
来季、インディカーは新しいシャーシーでシリーズが行われます。
その新しいシャーシーを今年テストして熟成させたのがダン・ウェルドン選手です。
このシャーシーにはダンの功績を称えて「DW12」と名づけられました。来季のインディカードライバーは全員ダンと共にレースを戦う事になりました!

出来れば、このマシンでレースしているダンの姿を見たかった・・・・

ダン・ウェルドン選手の功績を称え、心よりご冥福をお祈りいたします。


----------------------------------------------------

今年のMotoGP・マレーシアGPはフリー走行から転倒者が続出して、ある種異様な雰囲気の中での開催になったとの事。

そんな中で、最高峰クラスのレース中に起きた転倒を切欠にした事故で「マルコ・シモンチェリ」選手が帰らぬ人となってしまった・・・・
09年ツインリンクもてぎ マルコ・シモンチェリ
(写真は2009年のMotoGP日本GPでの250ccクラスでのマルコ・シモンチェリ選手の走り)

「絶対あの中に小鳥がいるよ!」って言いたくなる特徴があるカーリーヘアーと2輪レーサーにしては長身なスタイルと、その愛嬌がある風貌からは想像が出来ないアグレッシブな走りで「ロッシ2世」なんて云われて、将来必ず最高峰クラスでもチャンピオンを獲ると皆の期待も大きかったシモンチェリ選手。

その日・・・・テレビ放送されたその映像はショッキングだった・・・・

突然、エドワーズとロッシの前に現れた転倒したマシン!
スロー再生してみると、なんとヘルメットが外れて剥き出しとなった顔と髪型は間違いなくシモンチェリ選手
ロッシは紙一重で避けた様に見えましたが、エドワーズは避けきれずシモンチェリに・・・・
あれは避けられ無い・・・絶対に避けられない!!

何故転倒した?何故ヘルメットが外れた?思う事が沢山あるけど、様々な要因が悪い方向にいってしまい、もう「これもレース・・・」という曖昧な言葉で片付けないと何も納得が出来ないです。

09年ツインリンクもてぎ マルコ・シモンチェリ
この年は青山博一選手と、シモンチェリ選手と、アルベロ・バウティスタ選手と、まさに三つ巴でチャンピオン争いをしていたんだよね。日本人として青山選手の250ccクラスチャンピオン獲得は本当に嬉しかった!しかしシリーズの終盤になった時にその青山選手を猛追するシモンチェリ選手は本当に脅威に思えた。
そして、毎戦毎戦のバトル!その年のマレーシアGPの二人のバトルは伝説にしてもいいと思える素晴らしいレースだったと記憶しています。
最高峰クラスでも09年のもてぎでの風景みたいな、3人のバトルを期待していましたが・・・・

マルコ・シモンチェリ選手の功績を称え、心よりお祈りいたします。






あってはならないこと・・・・それはルールの中で行われている競技である以上、死者は出してはいけないということ。

しかしその反面、どんなスポーツにおいても、「競技中の死亡」というリスクは常に付きまとうものだといのも真実。

特に、常に命の危険が伴うのが「モータースポーツ」というものまた事実・・・・
ルールを厳格化すればいいかもしれない。車体を大きくして安全性を高めればいいかもしれない
しかし、それではモータースポーツで我々が期待する「高い次元での高度なバトル」が無くなってしまうかもしれない。

競技と安全性の両立は本当に難しい問題だと思います。しかし、死亡事故ほど悲しいものは無い。

改めて、あってはならないこと・・・・それは競技中の死亡事故・・・・

この二人の尊い命、いや、レース中の事故で亡くなった全てのレーサーの尊い命に報いる為にも、今後のマシン開発とレース運営に今回の残念な事故の経験も役立ててもらい、彼ら彼女らの死が無駄にならない様にして欲しいと心から思う次第です。



もうこんな悲しい記事は書きたくないですね・・・・


改めて、二人の偉大なレーサーへ・・・・
今まで楽しいレースを魅せてくれて本当にありがとう!!
オレはダンとマルコの活躍を絶対に忘れないよ!!

  1. 2011/11/01(火) 23:20:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご存知の方が居れば・・・


今日、浅草で買ってきました

こういう物って、右腕にするのがいいのか左腕にするのがいいのか・・・
どっちなんでしょ?

今はとりあえず左腕に付けてますが、ご存知の方が居ればご教授頂きたいと思います。


よろしく~

  1. 2011/10/28(金) 01:49:16|
  2. 外出先からすんまそん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SGT最終戦 もてぎ


みなさーん、おっはよーございまーす。ピーエル南川でーすなんちっつーてーまち@でーす

5時に自宅を出発して7時に到着しました~

早いもんでSGTも最終戦だもんね~最終戦位は現地観戦したいよね~
んで、さすか国内最高峰レースだね~もうこの時間からお客さんいっぱい!イスやらグッズやら持ってそれぞれの観戦スポットにむかって歩いています

今日はピットウォーク券が買えなくて残念だけど、姫と一緒にレース観戦を1日楽しみたいと思いまーす


ではまた(*^^)/


  1. 2011/10/16(日) 07:18:22|
  2. 外出先からすんまそん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

F1日本GPを見て思ったこと

え~・・・・今ぶっちゃけ無職なんで今年もF1日本GPは自宅でテレビ観戦でした。
よって、写真なし!なにせテレビ画面をデジカメで撮っても「著作権違反」とか云われそーだし、何よりそんな空しい事したくないっつーの。

しかし、なんだかんだ我が家はもう2年連続でF1の現地観戦をしてないです。
理由は「高いから」

もちろん姫と一緒に観戦したいから車椅子席という事になるんですが、車椅子席ならどんな条件でもいいかというとそういうわけにはいかない。最低でも「車椅子対応のトイレが近くにある」という事なんですが、F1ほどのイベントになると「車椅子専用」なんてあって無いようなもの。健常の人でもガマンの限界は誰にでもあるもんで、そんな時は「車椅子マークなんてかんけーねー」ってなっちゃって結局は「トイレもマトモにツカエ無い・・・」なんて事になってしまうんです実は・・・・んで次に思うのが「水道が近くにあるか」って点でして、手軽にタオルとか吸引器のタン受けを洗えるかって事も重要で、更に自由に身動きが出来ないもんだから車椅子スペースの近くで食事を調達出来るか・・・他、車椅子から姫を降ろしてちょっとノビノビさせる事が出来るだけスペースが確保されているかなど等、ホントいろんな事に気を使う必要があるんですホントです。
(その点、富士スピードウェイのグランドスタンドの障害者エリアは屋根があるトイレが近いお店も近いって感じで障害者に優しいレース観戦が出来るんですよマジで!鈴鹿や茂木も見習って欲しいです)

あ、話が横道にズレた

理由は「チケット代が高い」からです。

先ほどダラダラ書いた「車椅子である姫」と共にレース観戦をするには色んな条件があってF1日本GPに関してその条件をクリア出来るのは「グランドスタンドの障害者エリア」だけになってしまうのです。

そーすっとだ

チケット代一人7万円

三人で21万円

サラリーマン時代の月給1ヶ月分より少し足りない感じ並

それに3日間の宿泊代と高速代ガソリン代とおみやげ代と現地でついつい買っちゃうミニカー代と合わせると40万円位の予算が毎年必要となり、正直まだ行った事ない海外旅行並の金額がかかっちゃうのですよ我が家の場合。

んなわけで、今年も現地観戦を諦めてテレビ観戦になったわけですハイ。

ま、そんなグチはいいか


テレビで観ていてだけど
今年の日本GPは盛り上がったね!!ちょいちょいスタンドには空席があったものの、ほぼ満席と云ってもいいのでは無いかと思いました。
何より、小林可夢偉選手が予選のQ1でトップタイムで通過な上に決勝も7番手スタートと期待大!となった上に、レース内容もホントに充実!ホンダワークスドライバーを長く務めるもホンダ時代は縁が無く鈴鹿では初優勝となったジェンソンバトン選手とこのレースで1ポイントでも取れば11年シリーズチャンピオンが決まるけどあくまで優勝を目指して全く手を抜かず走るセバスチャンベッテル選手と、何より名門フェラーリの名に懸けてトップチェッカーを狙うフェルナンドアロンソ選手と・・・・レース後半の残り10周は全く三者の距離が緊迫した感じで進行して、決して激しいバトルでは無いにしてもホント手に汗握るレースに、テレビを通してもホントに興奮した日本GPでした。

いや~面白いレースってこういうレースなんだね!!
流石はF1!そして日本GP!!

って思った次第なんだが・・・・


なんで、この盛り上がりがSuper GTやFomura NIPPONには無いのかなぁ・・・・・
って思った

ぶっちゃけ、国内の最高峰レースと云われるSuper GTやFomura NIPPONはどの開催に於いてもグランドスタンドは観客で充分に埋るものの、それ以外の観客エリアは観戦客がチラホラって感じで、サーキットってすごい広大な面積を使っている施設なのにそれに見合った集客が全然行えていない状況が手に取るようにわかる。

レースを開催しても観戦客がさほど集まらないからCM効果も望めない。よってレースに投資する企業が減る。投資が減る事によってレースに参戦するエントラントの経営が苦しくなるのでレースから撤退する。エントラントが減る事によって出場台数が減ってレースの醍醐味たる追い抜きが少なくなる。醍醐味が失われたレースの魅力が失われて更に観客が減る・・・

ふ・・・不のスパイラルがっ・・・・

こんな状況だから、レースによって最大の宣伝効果を得るはずの自動車メーカーすら「レースから撤退」なんて事態になってしまっているのが現状の日本のレース界ではないかと思います(あくまで個人的意見ですが)


いちレースファンとしては、国内のレースカテゴリーの最高峰にあるのが「F1」とも思いたいのですよ。
ま~努力の仕方は人それぞれとして、4輪車の特にフォーミュラレースに出ている人はどんな人でも「最終目標はF1でレースをする」というのにして欲しいのよ。

だから、日本国内で「F1への道」を目指せるようにして欲しいわけなのですよ!!

「この子は将来F1に行くかもしれない」なんて思い入れが出来る選手を増やして欲しいのよ!自動車メーカーもレースファクトリーの方々もそういう選手にどんどん投資してどんどん才能を伸ばしてあげて欲しいのよ!

そうして、若い頃から応援していたドライバーが世界のひのき舞台たるF1で活躍している姿を見てレースファン冥利に尽きたいなぁ・・・・って思うわけよ!!(あくまで個人的意見です)

もう可夢偉を最後に日本人F1ドライバーは当分生まれないだろうなぁと思う昨今にオレからの提言

日本の自動車レースをもう一度盛り上げるタメにだっ!
  1. ホンダでもトヨタでもニッサンでもマツダでもスバルでもミツビシでもスズキでもダイハツでも日野でもいすゞでもミツオカでも何処でもいいんで「日本車メーカーとしてF1に参戦して欲しい」
  2. 企業はレースチームへの投資よりも「サーキットをイベント広場として投資しろ!」んで、自社のイベントとしてサーキットに集客してついでに「面白いレースを見せてやれ!」
  3. カメコ(カメラ小僧)も必要悪だから企業は必ず「キャンギャル」をカメコ向けに撮りやすい場所に一箇所に集めて常にオネーチャンを表に出しておけ!!(個人的意見です)
  4. サーキットも「観戦料金を安くしろ!」企業イベントと併催してグラスタは一人500円程度でグラスタ以外はタダで全ての国内レースイベントを開催すれば「土日ヒマだからサーキットでも行ってみるか~」って人が必ず増えるハズ!
  5. 遠くで見ているだけではレースの裏側は絶対にわからんから「パドックはできる限り自由に出入り出来るようにしろ!」
  6. エントラントも一般観客にきちんと挨拶しろ!ぶっちゃけ怖い外見が多い上にコトバが荒いぞ!!そんなじゃお上品な奥様方は「おお~怖い・・・○○ちゃん、こういうのが暴走族っていうのよ~」って誤解されたままだ!
  7. レーサー達もやりたくないかもしれないけど「もっとファンに媚びろ!」アイドルみたいになれとは云えないがアイドルみたいになった方がファンを増やせるのは確かだと思う(個人的意見です)

はぁはぁはぁ・・・・つ・・・・つかれた・・・・・

ま~そんなふうに思うだけですよ。
そんなふうに思ったのも、実は今回のF1日本GPを観ていて、ドライバースパレードで可夢偉選手がパレード中のクルマから降りて自分のファンシートに集まった観客に向って大きくお辞儀をして手を振っていた姿を観てそれって今までのF1では無かった事で佐藤琢磨選手すらやらなかったことで、「あ、可夢偉ってホントに今日鈴鹿に来たファンに感謝しているんだなぁ」って思ったからですよ。

今の日本のレース界は「来てもらう事ばっかり」を期待していて、「来させる努力」を全然やってないと思うのがワタシの結論です。

このままじゃ、いちレースファンとして、今のままでは開催されるレースがどんどん減っていってしまうのは火を見るよりも明らか!何とかしてもらいたい!!

って、今年のF1日本GPを観て思いました。

なんでも、Super GTの予選日に開催されていたレーシングカートのレースな「Super KART」が来年は『観客数の減少により開催しない』とのこと。
これって、結構ヤバイ状況だと思うです。何せ国内最高峰レースのSuper GTの予選日に観客が居ないって事ですから。

もちろん、ワタシはできる限り行ける限りオサイフと相談しながら国内のレースはどんどん観に行きたいと思っています。

これからもファンを魅了するレースを開催出来るように、少しでもレースに関心を持ってもらえるように、レース界全体で考えて欲しいもんだなぁと思いました。


話はF1とはすげーかけ離れてしまっていますが、今日のところはこのへんで〆!
写真が無い上に変な長文お付き合いいただき、ありがとうございました。




テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/10/11(火) 02:02:05|
  2. レース・一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

10月になりました

どんぐり~
道端にドングリが落ちてました。
持って帰ろうとしたら裏さんが「虫が入っているかもしれんだろうが( ゚Д゚)ヴォケ!!」と怒られたので道端に戻しておきましたハイ。

ま~そんなわけで10月です。秋です。

まだ詳細は書けませんが、ワタクシ10月より大幅に変わります。
決意を実現させるぞ!今はそんな意気込みだけですが、

11月には「何が変わったか」きちんとここで報告出来る様に今月はイロイロ頑張ります。

今月は今まで以上に日記の更新が少なくなるかもしれないですが、今後もよろしくお願いいたします。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2011/10/01(土) 21:54:24|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

FC2カウンター

東京電力 電力供給情報

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

まち@かんりにん

Author:まち@かんりにん
人はワタシを「雨男」と呼ぶ・・・
っつーかそんな事はどーでもいい
いやどーでもよくない!
先日「うめちゃん」から
「アメラマン」の称号を頂いた
当然「雨ラマン」である!

ま~なんだ

いろいろ厳しいわな

だれかバイト紹介してくれ



なにかありましたられんらくくらはい
メールはこちらへ



FC2 Blog Ranking
とやらを初めました

 ↑ ポチッとな


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。