勝手にレースレポ

「モーターじゃ~まリスト」であるかんりにんの見た目で勝手にレース内容やサーキット状況をレポートしますが、普段はただの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FCJ 第3戦  富士スピードウェイ 決勝

FCJ第3戦

さて・・・ピットウォークも終わりこの後最初に行われるレースが「FCJ第三戦決勝」

皆様、ご覧になっていただいているだろうか画像を・・・・

そう!オレさまといえば「モーターじゃ~まリスト」として「写真撮ってあげるからカレーおごって」って言ってサーキットに行くだけでなく、「晴れを曇りに」「曇りを雨に」と天候を変える「雨男」だという事をお忘れではなかろうか!

っつーこって、目の前の雲がドンドンと厚くなっているのを見て
「あ~またオレやっちゃったかも・・・・」

って思っていますた。。。。




運良くパドックに入れたものの、
「パドックぢゃレースを見られないんだよ( ゚Д゚)ヴォケ!!」との裏様の一言でパドックを離れて元の駐車場へ
んでもって、裏様は何故かピットウォークにいたレース観戦仲間の「NORIちゃま」と共にグラスタで観戦する事に決定
ちなみにこの「NORIちゃま」
「あれ~まちさんいたんだ~」
と過去には「もてチャン」、今年は「鈴鹿」と、何故か全く打合せ無しにサーキットでバッタリなお方・・・・ワタシのレース観戦の先輩です

そんなNORIちゃまがいたんでオラは安心して「ヨロ」とお願いして今、車で走ってきた所をトボトボと歩いてシケインぢゃないや「ダンロップコーナー」の付近へ移動

FCJ第3戦
ここのチョットアッチです

とりあえず、撮影ポイントに到着

( ゚Д゚)y-~~する位の時間はあり、とりあえず一服

モニターは当然無いんですが、すぐ近くにサーキットアナウンスが流れるスピーカーがあり「フォーメーション開始5分前のカンバンをクレイズの○○さんが・・・」と流れてくるんで、「お!もうちょい」って感じでよく判ります。それと富士のあの「テンコンタンコンテンコンタンコン・フォーメーション開始○分前です」ってアノ音。FCRの時によく聞いていたあのアナウンスも比較的よく聞こえるんで「そろそろか」って感じでした。

FCJ第3戦
グリッドインの為のアウトラップ

さて、レースもそろそろ開始。
ちなみにこの場所
富士の撮影スポットとしてはかなり有名なところでして・・・実はここ以外にあまり撮影スポットが無いんです富士って・・・何処行っても金網がぢゃまで、全体的に高速レイアウトな富士だと一番マシン速度が下がる場所でもあってかなりの人気スポットですんで場所取りも必死な所です。

さー!緊張のスタート!!

と、おもいきや何とエンジンが停止したマシンがあってスタートディレイ!!

FCJ第3戦
2号車大森選手がエンジンストールでスタートディレイに・・・最後尾スタートとなってしまい、予選の結果が無駄になってしまった。ま、しょうがないですね。

かれこれ10分ほど延長になり、フォーメーションラップもやり直しになり15周のレースは14周に減算となりました。


FCJ第3戦
2度目のスタートはキレイに決まった!

ここはハッキリ言ってコースとしては終盤のセクション
しかし、1周目とは言えこの混戦!!
マシンに個体差が少なく更にドライバーにも実力差が殆ど無い上に27台という大量の台数で行われるFCJならではの迫力!!

しかし、そんな中でも順位は決まっていく

これだけの混戦なので、ちょっとしたアクシデントがクラッシュやコースアウトにつながってしまう
さらにここは高速サーキットの富士スピードウェイ
「あー1コーナーで~」
「ネッツコーナー付近でコースアウト!!」
なんてアナウンスに「ドキドキ」なにせモニターが無いから音声に頼るしかない

そんななか栗原正之選手は着実に周回を重ねてゆく!
サーキットアナウンスにドキドキしながらも毎周オレの目の前を通り過ぎて行く・・・・そして少しづつ順位が上がって行く


FCJ第3戦
僅か14周となったレースだが気が付けば5位までに上がっていた
7位には開幕戦にポールトゥウィン決めた「中嶋 大祐」選手を従えている!しかしなかなかトップとの差が縮まらない・・・しかし!後ろの選手からもその差を詰められる事は無い!!
まさに均衡したレース状況
派手さは無いが息をつかせぬレース状況である
もし、トップ2台にトラブルが発生したらあっという間に自分がトップになってしまうという秒差でレースは進む


FCJ第3戦

しかし、トップを走っている選手もそう簡単にはミスはしない
だからこそ今トップを走って順位を守る為のバトルが行われている

栗原選手も今必死に自身の順位を守って、更に上を狙っている


FCJ第3戦

しかし、トップのこの2台
13号車の山内選手と7号車の国本選手の走りは素晴らしかった
終始、レースを支配し続けていた山内を終盤で国本が挿し、国本は第2戦と連続優勝!!
そして栗原正之は5位にてフィニッシュ!!

名だたる選手がトヨタ・ニッサン・ホンダといったメーカーの強力なサポートを受け更にそのウデを上げているFCJにおいて、オーディションから入り強力なスポンサーを持たずに参戦している栗原選手にとってはこの5位は正に「実力以上」のものを発揮したレースであったに違いない。誤解しないで欲しいのは「5位がいいところ」と言いたいのではない。メーカーの強力なサポートが無い選手がメーカーサポートの選手と遜色が無いという事を強く言いたいのだ。

イコールコンディションはマシンだけ

サポート体制は大きなハンディキャップがある

それがFCJの現状かもしれない

しかし、そんな厳しい世界だからこそ頑張って欲しい。

だから応援を続ける



FCJ第3戦


レース後の1ラップ

手を振ってくれた栗原選手

オレが見ている限り、観客やオフィシャルに手を振ってレース運営にお礼をしていた選手は居なかった。

早く、彼のガッツポ-ズのウイニングランを見てみたい



そして、FCJのレース中に雨は降りませんでした!!
スポンサーサイト
  1. 2007/04/02(月) 01:35:08|
  2. レース・FCJ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最近買ったもの | ホーム | FCJ 第3戦  富士スピードウェイ その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machyymm.blog80.fc2.com/tb.php/68-f3ac6af3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

東京電力 電力供給情報

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

まち@かんりにん

Author:まち@かんりにん
人はワタシを「雨男」と呼ぶ・・・
っつーかそんな事はどーでもいい
いやどーでもよくない!
先日「うめちゃん」から
「アメラマン」の称号を頂いた
当然「雨ラマン」である!

ま~なんだ

いろいろ厳しいわな

だれかバイト紹介してくれ



なにかありましたられんらくくらはい
メールはこちらへ



FC2 Blog Ranking
とやらを初めました

 ↑ ポチッとな


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。