勝手にレースレポ

「モーターじゃ~まリスト」であるかんりにんの見た目で勝手にレース内容やサーキット状況をレポートしますが、普段はただの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっぱ「○onda」の車は遅かったのか?

2009年になりすでに5戦行われたF1グランプリで「ジェンソン・バトン」選手はブラウンGPのマシンで4勝を揚げている・・・・

ジェンソン・バトン選手について知らない方は当ブログの読者の方々にはいないと思うが念のため
「ジェンソン・バトン - Wikipedia」

初めてF1を生観戦した2002年F1日本GPの時は「ガラスのエンジン」と言われたルノーのマシンでジェンソンはF1を戦っていた。
もっとも、当時のワタシといえばジョーダンGPからF1参戦を果たした「佐藤琢磨」選手と、B・A・R Hondaのオリビエ・パニス選手にしか興味がなく、正直言って当時のジェンソンの走りなんてぜーんぜん覚えていない・・・
2003年からHondaF1に移籍してきたジェンソンは「いつ優勝してもおかしくないドライバー」と評価されているものの、
初優勝は忘れもしない「2006年の第13戦ハンガリーGP」
2006年の第13戦ハンガリーGP
実にF1参戦113戦目にして掴んだ1勝目


その後の「○onda」のガタガタぶりはみなさんご存知の通り


そして今年のF1前半戦でのジェンソン・バトンのこの活躍ぶり


改めて、ジェンソン・バトンは「いつでも勝てるドライバー」だったんだなぁと
そして今までジェンソンが1勝しか出来ていなかったのは「○onda」の車が遅かったのかなぁと

今年のブラウンGPのマシンは本来ならば「Honda F1」のマシンだったわけで、
それは単にHマークが付いてるのではなく、紛れも無く「Honda」が開発したマシンなわけです。
もちろんロス・ブラウンの元で開発されたという点も忘れてはならないわけですが、

要するに「第3期HondaF1は勝てるマシンをドライバーに提供出来ていなかった」という事になりますよ認めたくないけど・・・・・

ジェンソンはF1レースにおいて2009年シーズンは「本来いるべきポジションにも戻った」わけですね。



そして、
2004年・2005年とHonda F1でジェンソン・バトンと同じマシンで互角の走りをしていた「佐藤琢磨」



なんか感慨深いよね


2008F1日本GP決勝ジェンソン・バトン
画像は2008年F1日本GPでFWSでオラが撮ったバトンの走り
左フロントタイヤはバッチリなのに右フロントタイヤはもう終わってる上にリヤはもうグリップ感ないんぢゃない?位のヘタリ様
・・・・辛い走りだったろうな・・・けど思えば、これが最後の生HondaF1サウンドだったです・・・・

スポンサーサイト
  1. 2009/05/17(日) 01:18:07|
  2. レース・F1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<AUTOSPORTS 東日本シリーズ第2戦秋ヶ瀬ラウンド | ホーム | 琢磨、アメリカへ!?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://machyymm.blog80.fc2.com/tb.php/366-96156d91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

東京電力 電力供給情報

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

まち@かんりにん

Author:まち@かんりにん
人はワタシを「雨男」と呼ぶ・・・
っつーかそんな事はどーでもいい
いやどーでもよくない!
先日「うめちゃん」から
「アメラマン」の称号を頂いた
当然「雨ラマン」である!

ま~なんだ

いろいろ厳しいわな

だれかバイト紹介してくれ



なにかありましたられんらくくらはい
メールはこちらへ



FC2 Blog Ranking
とやらを初めました

 ↑ ポチッとな


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。