勝手にレースレポ

「モーターじゃ~まリスト」であるかんりにんの見た目で勝手にレース内容やサーキット状況をレポートしますが、普段はただの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フォーミュラニッポン テレビ観戦

え~・・・今日は実家の両親がウチに来る(かも?)ってんで、外出せずに自宅に居ました。
(理由は後で)

なのでフォーミュラニッポン第2戦オートポリス(大分)をテレビ観戦してました~
ホントは現地に行くつもりだったんだけどね~親がウチに来る(かも?)んぢゃしょうがないですね~
(と云うことにしといてちょ)



そんなわけで写真は一切なくテキストのみですあしからず。




予選でポールポジションを獲得したのは「塚越広大選手(http://www.tsukakoshikoudai.net/)」!以前から応援しているドライバーなんでウキウキしながらスタートを待ったけど、今日はちょっとだけ残念な感じだったね。けど、開幕戦の鈴鹿みたいなマジでリアルな残念でなかったのはヨシとしよう!鈴鹿の3位表彰台は「本当なら優勝だった3位」だけど、今回の3位は「勝ちに行った3位」だよ。次は必ず優勝しよう!
そして、レースの中盤に頑張ったのは「山本尚貴選手」!!昨年チャンピオンのJPオリビエイラ選手を抑えに抑えまくって、終盤で抜かれちゃったけど、その走りは光るものがあった!と思うデス。

二人ともF1に乗って欲しいドライバーだな・・・・
もしSuperAGURIが現存していたら、間違いなくどちらかがシートに収まっていて琢磨のチームメイトになっていたと思うデスよ。

しかし・・・・

なんにしても今日、走りが光ったのは「中嶋一貴選手(http://www.kazuki-nakajima.com/)
予選はQ3敗退の15番手・・・

あ。レースを観ていない方に説明せねばですね。
今日のオートポリスは午前中が雨で、フォーミュラニッポンのスタート時には雨が止んでいたものの、路面はウェット状態。当然、グリット上のマシンは全車レインタイヤを装着。しかしレース前に雨は止んでいて路面は乾きつつあるような状態で、いつレインタイヤからスリックタイヤに換えるかがレースのポイントになる事が確実という状況でした。

フロントロースタートした大嶋和也選手(http://www.kazuya-oshima.com/)と共に中嶋一貴選手は1周目にピットインしてレインからスリックに変更。
2周目には殆どの選手がピットインしてレインからスリックに変更。

しかし、勝負は実はこの時点でついていたかもしれない。

僅か1周のとは云えレコードラインは殆ど乾いていた路面でレインタイヤでの走行は相当厳しかった模様。
僅か3周でタイヤが終わった小暮卓史選手(http://www.takashi-kogure.com/)は、単独スピンでエンジンが止まりそのままリタイヤ・・・チャンピオンシップ争いに早くも黄色信号が点った感じ
結局、大嶋選手は楽々とトップをゲット!中嶋選手もいつの間にか2位に!!

そこから、ちょいちょいトラブルはあったけど、レースは淡々と進行

しかし、レース内容はちっとも非凡ではない!

トップ争いをしていた大嶋選手も中嶋選手も実はピットインはその1周目だけ
実況のピエール北川さん(http://ameblo.jp/pk-racing/)も、解説の井出有治選手(http://www.yuji-ide.com/)も「250kmレースだから、終盤に燃料補給で必ずピットインする」という感じで、レースは終盤に必ず変化があると予想していた。もちろん、ワタシもそう思っていた。

だから、前半でピットインタイミングを逃したけど後半で勢いを上げた塚越選手は前戦で落とした優勝を!そして中盤でナイスバトルを魅せた山本選手が表彰台にあがるチャンスが充分にある!と思ってました。

けど、終盤に大嶋選手からトップを奪った中嶋選手は一向にピットインしない!!
レース前半がコース上はレコードラインは乾いてきているとは云えハーフウェットの路面で、その状況で燃費走行が出来たとはいえ、ほぼ250kmの距離を走りきれるなんて、多分誰も思っていなかったハズ
しかし、中嶋選手も大嶋選手もコース上でレースをしながら250km無給油&タイヤ交換無しをやり遂げてしまった!!

もう、この中嶋選手の勝利には脱帽だよ。素晴らしい走りだった!

中嶋選手がF1で走っていた時が実はトヨタF1が最も調子が良かった時期
もしウィリアムズF1ではなくトヨタF1に乗っていたら、もしかしたら????なんて事を思わせてしまう走りでした。

う~ん・・・・今年のフォーミュラニッポンもトヨタ勢が強いな・・・・まだ2戦しかしてないけど、そう強く印象付けられました。

けど、今日のレース結果に一番焦ったのは中嶋選手のチームメイトで開幕戦に優勝した「アンドレ・ロッテラー選手」だと思う。
ロッテラー選手はこのレースは「ル・マン24」への出場の為に参戦せず・・・中嶋選手は開幕戦3位だったので、中嶋選手とロッテラー選手のポイント差は6ポイントと大幅にリードしてしまった。

中嶋選手はフォーミュラニッポンでは「ルーキー」だけど、F1からの転向であり、ただのルーキーではない!

オレとしては、今季こそ小暮選手にチャンピオンを決めてもらい、若手の塚越選手や中村選手とそして中山友貴選手(http://www.yuhki-nakayama.com/)がそこにグチャグチャ絡んできてホンダ勢圧勝!!ってぇのが希望なんだが・・・

もしかしたら、今季のフォーミュラニッポンはトヨタ勢圧勝で中嶋選手がチャンピオンを決めてしまうかもしれん!って思えるレース内容でした。


う~ん・・・次戦のもてぎは現地に観に行かんとな~


ま~そんなテレビ観戦での感想でした。
なんだかんだ、やっぱ今年もフォーミュラニッポンから目が話せないぞ!っつーかやっぱオレはハコ車よりもフォーミュラカーのレースが好きなんだな~やっぱレースカーはフォーミュラだよね!


ちなみだ
今日の「フォーミュラニッポン第2戦 オートポリス」について詳しいレースの状況やリザルトについてはフォーミラニッポンの公式サイトをご覧下さいだ!
Formula NIPPON Official Website 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン公式サイト (http://www.f-nippon.co.jp/)




んで、なんで「今日、ワタシの両親がウチに来る(かも)」の件ですが・・・
明日(っつーかもうこの時点で今日じゃん)の6月6日は我が家の姫のお誕生日でやんす。
だから、実家の両親が姫にプレゼントをイッパイ持ってウチに来るハズだったのだが・・・・
結局、来ねーでやんの!!おぢいちゃん失格だオレのオヤジは!!!

ま~そんなこんなな日曜日でした。


スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/06/06(月) 00:47:07|
  2. レース・FN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Fポン開幕戦

20090405095544
そんなわけで!
Fポン開幕戦に来ました~

大注目の今年のFポン
これからフリー走行です

楽しみだぁ

--------------------------------------------
追記:4月6日月曜日ってやーね・・・

2009 FormulaNIPPON 開幕戦
HFDP 塚越広大選手!

というわけでっ!

かつて、「ミハイル・シューマッハ」は弟の「ラルフ・シューマッハ」に
「日本のフォーミュラは世界一レベルが高い、そこでキャリアを積んでF1にくるべきだ」
といい参戦を勧めたという・・・・
かのF1王者さえ一目をおく存在だった全日本F3000
その流れを受け継ぐ国内フォーミュラレースの最高峰「FormuraNIPPON」の開幕戦を観戦してまいりました。

今年のFormulaNIPPON(以降FN)は「チェンジ」の年

FNの醍醐味といえば「イコールコンディション」

ワンメークのシャーシとタイヤにトヨタ製またはホンダ製のV8エンジンというFN
エンジンは回転数が制限されており、排気量とエンジン回転数から出力はおおよそ500馬力

今年はシャーシが新しくなり、写真のようなスタイルのマシンに
エンジンも400cc排気量がアップされ3400ccとなり
さらにレースの面白さを演出する「オーバーテイクシステム」の追加
これは、レース中に5回まで10,300rpmから10,700rpmに20秒間エンジン回転数をアップさせるというもの
ドライバーが「ここぞ!」と思うところでボタンを押してまさに「オーバーテイク」する

そして、何より!今年は若手実力派が勢ぞろい!
去年、大暴れだった「伊沢拓也」選手や「平手晃平」選手に、
07年のSGTのGT300チャンピオンコンビ「石浦宏明」選手に「大嶋和也」選手
そして、去年はユーロF3で活躍した「塚越広大」選手
さらに!佐藤琢磨以来2人目のマカオウィナー「国本京佑」選手
これらの若手が
07-08年FNチャンピオンの松田、ホンダのエース小暮、トヨタ最速と言われた立川、
日本のコースを知り尽くしたブノワ・トレルイエ、リチャード・ライアン、アンドレ・ロッテラーといった強敵に挑む!

こんなに「若手とベテラン」の人数が近いシーズンも珍しいのではないかと!

そんな期待も込めての観戦でした。


正直な感想!


ん~だかさびしーレースだなぁ・・・・・
2009 FormulaNIPPON 開幕戦
エントリー台数は13台
去年参戦していた「KONDO RACING」「ARTA」がエントリーなし、
「INPUL」や「CERMO」も台数が減り・・・・
急遽「HFDP(Honda Formura DREAM PROJECT)」が1台参戦したが、これはもう焼け石に水
もうしょうがないですね。
あとは、面白いレースを見せてもらいましょう!舞台と道具と役者は調っています!!

けど、いざレースが始まるとどーか!
2009 FormulaNIPPON 開幕戦
2009 FormulaNIPPON 開幕戦
スタート直後はちょっとしたアクシデントはあったものの、
ながーいFWSのストレートの影響か、終盤にさしかかるまで殆どレースはパレードラップ

しかし台数が少ない事が幸いしたか、マルチビジョンを通してレース状況はよくわかる

そして、オーバーテイクシステムについて
2009 FormulaNIPPON 開幕戦
ロールバーにあるランプの光っている個数でオーバーテイクシステムの使用回数がわかります。
この時点で塚越選手はオーバーテイクシステムを「4回」使用しています。
オーバーテイクシステム使用すると1つづつランプが消えます。
この時点で塚越選手はオーバーテイクシステムを「1回」使用しています。(4月13日訂正)


んで・・・・
2009 FormulaNIPPON 開幕戦
2009 FormulaNIPPON 開幕戦
伊沢選手を追う平手選手のマシンのロールバーのランプ5つ全てが点滅しています
この時、平手選手はオーバーテイクシステムを使っている事がわかります

この点滅を見て「おーあいつ抜く気だ~」と非常に判りやすくドライバーの作戦がわかります。
このシステムはレースのどこで使うかはドライバー次第です
もちろん300Rみたいな高速コーナーで使うのも、ネッツコーナーみたいな低速だけど上り坂でエンジンがキツイところで使うのも、ドライバーの自由です
FWSの様なストレートが長いコースではオーバーテイクシステムを使って前車のスリップについて、1コーナーで抜くというのが一番使いやすいんではないかと
追っかけされている方も「スリップにつかせたくない!」とオーバーテイクシステムを使う事もありです

やっぱり、終盤までオーバーテイクシステムを温存しているドライバーが多くて、レースは残り10周位から激しくなってきます


しか~し・・・・・

2009 FormulaNIPPON 開幕戦
2009 FormulaNIPPON 開幕戦

上はフォーメーションラップ中のコントロールライン付近のグランドスタンド
下はレース直前のイベント広場

さ・・・さびしすぎるっ!

もちろん、スターティンググリッドはスタンドの1コーナー側なのでもそちらにはお客さんがけっこういましたし、2階席もあるので、多分上はイッパイだったんぢゃないかな・・・え?そんなことない???まじ~???
んで、イベント広場も物販と食べ物のテントと・・・・
せっかく「雨宿りスペース」があってステージも簡単に作れるんだから
「御殿場警察による交通安全ショー」とか「地元足柄英雄『足柄山の金太郎』ショー」とかレースの華な「キャンギャルの撮影ショー」とかやればいーじゃんって思う・・・っつーかやるべき

それと!一番声を大きくしたい!!
チケット高すぎ!!決勝観戦は6500円っすよ大人一人!!!
駐車場料金もいつのまにか500円値上がりして1500円!!!

さびしいイベント会場、レース展開も後半にならないと面白くない、料金が高い

これぢゃ、新規のレースファンの獲得は難しいよ。
ぶっちゃけ、今回のレースにレース観戦初めての友達を連れていって行ったとしたら、多分その友達、次は見に来てくれないと思う

何せ華やかさが足りない

日本レースプロモーションだっけ?運営団体っつーか株式会社ぢゃん!!
中嶋悟さんが会長なんだよね・・・
って・・・えっ!!ホンダの関連企業なの???????????????
Honda | Hondaグループ | (株)日本レースプロモーション

ふ・・・ふ~ん・・・・・

なんか、レースの事わかっているよーでわかってないのかな・・・・ホンダって・・・・・
いや、レースの事はわかっているけど「お客さんの集め方」がわかっていないんだろうきっと

んで、帰ってきてビックリ
J-SPORTSでFNの放送をやっているんだけど、去年までは実況はフジテレビのアナウンサーだったんだけど、今回は「ピエール北川」さんが実況をやるみたい
なんでピエールさんが当日FWSにいるのかわからなかったよ
2009 FormulaNIPPON 開幕戦
すっかり、ピエールさんと顔なじみの姫と裏とオレ

ケーブルの接続料とJ-SPORTSのオプション代で全戦自宅で見られる・・・・
現地に行っても「現地ならではの面白さ」が無いとサーキットに行ってレースを見る意味がなくなってしまうよ・・・・
2009 FormulaNIPPON 開幕戦
もちろん、サーキットに行けばドライバーに会えるし、運がよければピエールにも会えるし、
サーキットでなければ出会えない仲間と出会えるチャンスも無くなるんだけど、
「レース観戦する事の楽しみ」が「現地よりもテレビ」になっちゃうと、どんどん観客数が減ってしまって結果、スポンサーもどんどんと降りてしまって、レース運営自体にも大きな影響が出るのではないかと

現に今シーズンのFNは13台

相当な危機感を持ってもらいたいな・・・・・FNも・・・・・
どんなに速くてもだれからも興味を持ってもらえなくなったら「ただの暴走族」だよ・・・・

少なくとも、開幕戦のピットウォーク開始1時間前に「限定1000枚ピットウォークパス」が余っている状況位はなんとかしよう!


そんなレースレポっつーよりかは「ファンの嘆き」になってしまったレースレポはこのへんで〆っ!
もてぎに期待しよう!!



追記っっつーかテスト
PicMate | Formula NIPPON 開幕戦 日曜日 フリー走行

見られたら見てみて下さい

  1. 2009/04/05(日) 09:55:47|
  2. レース・FN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

FC2カウンター

東京電力 電力供給情報

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

まち@かんりにん

Author:まち@かんりにん
人はワタシを「雨男」と呼ぶ・・・
っつーかそんな事はどーでもいい
いやどーでもよくない!
先日「うめちゃん」から
「アメラマン」の称号を頂いた
当然「雨ラマン」である!

ま~なんだ

いろいろ厳しいわな

だれかバイト紹介してくれ



なにかありましたられんらくくらはい
メールはこちらへ



FC2 Blog Ranking
とやらを初めました

 ↑ ポチッとな


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。