勝手にレースレポ

「モーターじゃ~まリスト」であるかんりにんの見た目で勝手にレース内容やサーキット状況をレポートしますが、普段はただの日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あってはならないこと・・・だと思う

モータースポーツ好きの諸兄はもうご存知というかそろそろのそのショックから立ち直っていると思われますが・・・


アメリカンモータースポーツの最高峰インディカーレースの最終戦ラスベガスのレース中に起きた複合事故で「ダン・ウェルドン」選手が帰らぬ人となった。
10年ツインリンクもてぎ ダン・ウェルドン
(写真は2010年のインディジャパンでのダン・ウェルドン選手の走り)

ダン・ウェルドン選手はインディジャパンで当時のアンドレッティ・グリーン・レーシングから参戦し、ホンダエンジンのそして自身も初優勝を遂げて、その後トップチームのチップ・ガナッシに移籍後にシリーズチャンピオンとなり、正にインディカーレースにおいてホンダエンジンの活躍は彼を無くて語れない存在でした。
今季はスポット参戦ながら、自身2度目のインディ500の制覇を成し遂げ、来季はサムシュミットよりレギュラー参戦の予定と、我々ファンには彼の活躍を期待せずにはいられませんでした。

ワタシにとってラッキーだったのは、写真に上げた10年のインディジャパンで彼に会えたこと。
フレンドシップデーに、恒例のサイン会が始まる直前に、偶然我々の前を通ったダンに急いで声をかけて、プログラムにサインをしてもらえたんです。あの笑顔で立ち止まってくれて、早口の英語でワタシにはちょっとしか解らなかったんだけど「僕を応援してね!」的なことを云って足早に自分のサインブースに向って行ったんですよね・・・・今年のインディジャパンには彼は参戦していなかったので、あれが最後となってしまいました。

けど、タダでさえ雲の上の人みたいな存在のダンに一度でも会えた事はオレにとって本当にラッキーでした。

あのプログラムは本当に「宝物」になりました。

DW12
来季、インディカーは新しいシャーシーでシリーズが行われます。
その新しいシャーシーを今年テストして熟成させたのがダン・ウェルドン選手です。
このシャーシーにはダンの功績を称えて「DW12」と名づけられました。来季のインディカードライバーは全員ダンと共にレースを戦う事になりました!

出来れば、このマシンでレースしているダンの姿を見たかった・・・・

ダン・ウェルドン選手の功績を称え、心よりご冥福をお祈りいたします。


----------------------------------------------------

今年のMotoGP・マレーシアGPはフリー走行から転倒者が続出して、ある種異様な雰囲気の中での開催になったとの事。

そんな中で、最高峰クラスのレース中に起きた転倒を切欠にした事故で「マルコ・シモンチェリ」選手が帰らぬ人となってしまった・・・・
09年ツインリンクもてぎ マルコ・シモンチェリ
(写真は2009年のMotoGP日本GPでの250ccクラスでのマルコ・シモンチェリ選手の走り)

「絶対あの中に小鳥がいるよ!」って言いたくなる特徴があるカーリーヘアーと2輪レーサーにしては長身なスタイルと、その愛嬌がある風貌からは想像が出来ないアグレッシブな走りで「ロッシ2世」なんて云われて、将来必ず最高峰クラスでもチャンピオンを獲ると皆の期待も大きかったシモンチェリ選手。

その日・・・・テレビ放送されたその映像はショッキングだった・・・・

突然、エドワーズとロッシの前に現れた転倒したマシン!
スロー再生してみると、なんとヘルメットが外れて剥き出しとなった顔と髪型は間違いなくシモンチェリ選手
ロッシは紙一重で避けた様に見えましたが、エドワーズは避けきれずシモンチェリに・・・・
あれは避けられ無い・・・絶対に避けられない!!

何故転倒した?何故ヘルメットが外れた?思う事が沢山あるけど、様々な要因が悪い方向にいってしまい、もう「これもレース・・・」という曖昧な言葉で片付けないと何も納得が出来ないです。

09年ツインリンクもてぎ マルコ・シモンチェリ
この年は青山博一選手と、シモンチェリ選手と、アルベロ・バウティスタ選手と、まさに三つ巴でチャンピオン争いをしていたんだよね。日本人として青山選手の250ccクラスチャンピオン獲得は本当に嬉しかった!しかしシリーズの終盤になった時にその青山選手を猛追するシモンチェリ選手は本当に脅威に思えた。
そして、毎戦毎戦のバトル!その年のマレーシアGPの二人のバトルは伝説にしてもいいと思える素晴らしいレースだったと記憶しています。
最高峰クラスでも09年のもてぎでの風景みたいな、3人のバトルを期待していましたが・・・・

マルコ・シモンチェリ選手の功績を称え、心よりお祈りいたします。






あってはならないこと・・・・それはルールの中で行われている競技である以上、死者は出してはいけないということ。

しかしその反面、どんなスポーツにおいても、「競技中の死亡」というリスクは常に付きまとうものだといのも真実。

特に、常に命の危険が伴うのが「モータースポーツ」というものまた事実・・・・
ルールを厳格化すればいいかもしれない。車体を大きくして安全性を高めればいいかもしれない
しかし、それではモータースポーツで我々が期待する「高い次元での高度なバトル」が無くなってしまうかもしれない。

競技と安全性の両立は本当に難しい問題だと思います。しかし、死亡事故ほど悲しいものは無い。

改めて、あってはならないこと・・・・それは競技中の死亡事故・・・・

この二人の尊い命、いや、レース中の事故で亡くなった全てのレーサーの尊い命に報いる為にも、今後のマシン開発とレース運営に今回の残念な事故の経験も役立ててもらい、彼ら彼女らの死が無駄にならない様にして欲しいと心から思う次第です。



もうこんな悲しい記事は書きたくないですね・・・・


改めて、二人の偉大なレーサーへ・・・・
今まで楽しいレースを魅せてくれて本当にありがとう!!
オレはダンとマルコの活躍を絶対に忘れないよ!!

スポンサーサイト
  1. 2011/11/01(火) 23:20:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

東京電力 電力供給情報

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プロフィール

まち@かんりにん

Author:まち@かんりにん
人はワタシを「雨男」と呼ぶ・・・
っつーかそんな事はどーでもいい
いやどーでもよくない!
先日「うめちゃん」から
「アメラマン」の称号を頂いた
当然「雨ラマン」である!

ま~なんだ

いろいろ厳しいわな

だれかバイト紹介してくれ



なにかありましたられんらくくらはい
メールはこちらへ



FC2 Blog Ranking
とやらを初めました

 ↑ ポチッとな


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。